スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年06月17日

200mwレーザー

記事65件目です。



夜空に軌跡が見え星を指し示すレーザーが欲しくなり買ってみました。

暗い場所でレーザーの軌跡が目視できる出力はグリーンレーザーでは数十mW必要だそうです。
しかし日本国内ではレーザーポインターは規制され1mW以上の製品は販売できません。
ebayならば売っているだろうと思い検索すると、5mWを超える物は掲載されていませんでした。こちらも規制があるようです。
ところが商品説明をよく読むと出力5mW以上&高出力なリチウム電池を搭載する、と書かれています。
つまり5mW以上の数値は記載できないだけで、それ以上の出力の製品も売っていると分かりました。

そこで予算2000円でリチウム電池がセットになった商品を選び、送料込み2644円で購入しました。
出品者は香港と書かれていましたが、なぜかオランダから届きました。



内容物は1/充電器、2/ストラップ、3/18650リチウムイオン電池、4/延長チューブ、5/テールキャップ、
6/拡散アダプター、7/鍵2個、8/プラグ変換アダプターです。



出力200mw 波長532nmと書いてありますが、出力は大抵嘘だそうです。



充電器はそのまま普通のコンセントで使えます。



3.7V/450mA


延長チューブを外すと、出力は落ちますがCR123Aも使えます。



テールキャップの鍵はどの位置でも抜き差しできます。緑の位置で安全装置を解除します。



電池は通常と違い、プラスをテール側にして入れます。



全長152mm



重さ86g


電池込み重量117g





画像左から露出時間、F値、焦点距離、ISO感度です。数十センチ真横から撮影しています。
気温約20℃、雨上がりで湿度は高くレーザーがはっきり見えます。






右に北斗七星のカーブ。



2m離れて撮影。目が闇に慣れれば周囲からでもハッキリ見えます。









うしかい座のアルクトゥールスを指示し2m横から撮影。


「レーザーの明るさを解説する」
http://www.higashino.jp/laser/basic/lux/
買った後で知りましたが、グリーンレーザーはlm(ルーメン)値を0.58掛けると出力値になるそうです。
350lm x 0.58 = 203(mW)



中国からの商品は、リチウム電池を含むと大抵オランダ(Netherlands)から来るそうです。
「海外通販で購入した国際郵便で送られた商品を追跡する方法」
http://www.neko.ne.jp/~freewing/etc/kokusai_yuubin_postnl/
こちらのサイトに詳しく書かれていたので届くまで安心して待つことができました。

RSで始まり末尾がNLの13桁の追跡番号でした。NLだったのでニュージーランドかと思いました。
こちらから追跡できます。
http://www.postnl.post/tracktrace

注文から到着まで22日掛かりました。

オランダ郵便
DateStatus of ShipmentCountry of Destination
2015-06-01 08:03The item is pre-advised ここからpostnlで追跡可JAPAN
2015-06-05 17:39The item is at the PostNL sorting center
2015-06-06 09:35The item is on transport to the country of destination
2015-06-12 15:05The item has arrived in the country of destination
2015-06-13 08:37The item has been processed in the country of destination
2015-06-13 09:00The item is being processed by customs
2015-06-15 17:38The item has been delivered successfully


日本郵便
状態発生日(海外で発生した場合は現地時間) 配送履歴 取扱局県名・国名
2015/06/05 17:39 ここから日本で追跡可国際交換局から発送 NLAMSENETHERLANDS 
2015/06/13 08:37国際交換局に到着川崎東郵便局 神奈川県
2015/06/13 09:00通関手続中川崎東郵便局神奈川県
2015/06/13 13:57国際交換局から発送川崎東郵便局神奈川県
2015/06/14 13:13到着配達局
2015/06/15 17:38お届け済み
  
タグ :海外通販

Posted by luzllevada at 00:01Comments(0)光り物

2015年03月25日

LED誘導灯


誘導棒や合図灯と呼ばれる物です。オメガ7の2巻で田中が説明していたあの赤く発光する業界用語でニンジンです。
最近は自治会や消防団の夜間巡回などで目にする機会も多いと思います。
用途は車に積んでおき夜間の事故の際はこれで誘導や案内をします。



まずはホームセンターのコーナン(http://www.hc-kohnan.com/)で買った反射バトン。税込み1023円。LFX-30-056
三角コーン売り場にありました。これは発光しません。
ライトを反射するだけなので夜間は車に正対しないと目立ちませんが、軽くて扱いやすいです。
電池も不要で昼間ならこれで十分です。



長さ52cm 反射部長さ39.5cm
重量79g
反射部直径40mm グリップ中央直径35mm





こちらはホームセンターロイヤル(https://www.royal-hc.co.jp/)で買った誘導灯(レギュラー)7990
税込み1024円。作業用ヘルメットなどの安全用品売り場にあります。
単二電池2本使用。スイッチを押すと、点滅→点灯→消灯を繰り返します。LEDは多分6個です。
説明書は付属しませんが簡単操作なので不要です。
しかし、パッケージに「電池の+-を正しくセットしてください」と書かれていますがどこにも+-の刻印やプリントが存在しないのはどうかと思います。



長さ56cm(ストラップホール込み) 発光部長さ36.5cm
発光部直径30mm グリップ直径33mm グリップは単一電池とほぼ同じ太さです。



単体重量141g



電池込み重量235g





こちらは楽天で買ったLED誘導灯。送料税込み800円でした。箱にはREF BATON model no.ST-900と書いてあります。
http://item.rakuten.co.jp/isozakistore/100049033453/
単一電池2本使用。これも点滅→点灯→消灯のパターンです。LEDはこれも多分6個です。
暗い・重い・太いの3拍子揃った安物です。



長さ54cm(ストラップホール込み) 発光部長さ34cm
発光部直径40mm グリップ直径38mm



単体重量177g



電池込み重量453g。重量の半分以上を電池が占めています。
これでは重過ぎて腕が疲れます。
http://www.hrr.mlit.go.jp/library/happyoukai/h27/E/E19.pdf
「国道18号におけるチェーン装着指導について」
5ページ目の「過酷な気象に対し装備品の充実で安全度向上」



右が電池変換スペーサー。ダイソーや他の100円ショップでも大抵置いてます。



単一電池1本の重量約100g



単三電池とスペーサーの重量合計約40g
スペーサーを使い単一から単三に変えると2本で約120g減量できます。



どれもグリップを捻って外し電池の+を上にし入れて戻すだけです。




ライトを点けた車の前方約30m先でカメラの三脚にぶら下げ撮影しました。
左が1000円で右が800円に中央が1000円の反射バトンです。

どちらの誘導灯も点滅点灯させればハッキリと認識できます。
左の明るい方は色が飛んで白く見えますが肉眼では普通の赤色です。
手に持つと800円の方は暗く頼りない感じがしますが、離れて見ると発光部の太さで暗さをカバーしています。

反射バトンは低い位置にあるのでロービームでも光って見えますが、50m以上離れ頭上で振ると視認できないと思います。
3:15からハイビームで照らすと後方にある電柱の反射材が光って見えますが、ロービームでは完全に見えていません。


誘導灯の目立つ鍵は発光部の長さと太さです。
LEDの明るさに注目しがちですが、多少明るくともほんの数メートル離れるだけで動画をご覧の通りです。
単二電池を使う物も単三変換スペーサーで軽量化できます。
  
タグ :LED

Posted by luzllevada at 00:01Comments(0)光り物

2014年08月29日

ダイソーLED交換



前回のダイソー マイクロライトのLEDを交換しました。
LEDパラダイスからの購入です。通称エルパラ。 http://www.led-paradise.com/
1000円以上から通販できます。LED1個のみ200円だけでの注文は通らないようです。
この赤青黄色のメーカーロゴはLED改造でよく見かけると思います。




日亜科学(NICHIA)の5mm砲弾型LED NSDW510GS-K1 B6P10
70mA流すと25から30ルーメンの明るさを放ちます。
10本セットで850円でした。
http://www.led-paradise.com/product/1436



早速交換します。まずヘッドからLEDを抜きます。



ワッシャーを外しLEDの足を起こし真っ直ぐにします。



LEDを半透明な樹脂基板から抜きます。



下のNSDW510GS-K1はレンズが少し黄色く見えます。



そのままでは基板に刺さらないので、不要なストッパー部をニッパーで切り取ります。



ニッパーで切り損ねたストッパーの残りをカッターナイフで削ります。



LEDを基板に刺し込み足を曲げます。
足の短い方を中心に、長い方を外側に刺します。



足を切る前に点灯試験をします。LEDには極性がありブラスマイナスを逆にすると点きません。
中心の足を電池へ、外側の足をボディーへ接触すると光ります。



ニッパーで足(リードフレーム)を切ります。



ワッシャーを元に戻し完成です。


ダイソー マイクロライト

照射角度が35度とワイドになり、それでいてより明るくなりました。
照らす範囲が増えた分、体感では3から4倍程度の明るさアップに思えます。
5mmのLEDに6V掛けているからどこの製品でも明るさは同じだろうと思っていましたが、予想は外れLEDの性能次第でした。

ハンダ不用で面倒な抵抗の計算要らずで交換は簡単です。高輝度LEDが安く手に入る方どうでしょうか。




左のナノライトは明るさ10ルーメン。右のSK-10Gは15ルーメンです。
1000円と500円で買えます。

今回はLEDが10本セットで850円と1本を200円に送料が140円で総額1190円掛かりました。
発送は定形外で安く助かります。
  

Posted by luzllevada at 01:44Comments(2)光り物

2014年08月18日

ダイソー マイクロライト


追記
ランタイム(点灯時間)を失念していました。
パッケージには連続使用時間が6~9時間と記載されていますが、実際は約半時間です。

「GENTOS(ジェントス) スモールキーライト SK-10Gの点灯時間はデタラメ 」
http://lunaluna302.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

こちらのblogはジェントスの製品ですがLED直結にボタン電池仕様と同じ構造なのでランタイムも同じです。
数字を信じて「これがあれば一晩中持つ」と騙されてはいけません。
本来の用途は鍵穴を照らす、落した物を探す、メインの懐中電灯の電池交換時に照らすといった短時間の照射向けです。




ダイソーのマイクロライトLEDです。
セリアやフレッツでも売っています。


左はダイソーのマイクロライトと、右の形がそっくりなフレッツ購入のミニマムライト
色はシルバーとピンクとブルーの3色です。セリアではシルバーとピンクとブラックの3色です。






参考。
左がStreamlightのナノライト
右はジェントスのSK-10G
http://www.streamlight.com/product/product.aspx?pid=141
http://www.gentos.jp/products/flashlight/key_light/SK-10G/

これら全てアルカリボタン電池LR41を4個使用します。










以前紹介したキーホルダーLEDライトと。




左のダイソーマイクロライトと比べ、右のミニマムライトは色や形が微妙に異なります。



中を見ます。

スプリングはピンセットで軽く取れます。



LEDはヘッドに硬くキッチリ嵌っているので、上から押して抜きます。
画像ではラジオペンチの柄で押しています。



途中まで押し出しラジオペンチで抜きます。



LEDが出てきました。



基板には抵抗やハンダやパターンは一切存在せず、LEDの足を曲げて固定してあるだけです。
ボディーとヘッドの隙間を塞ぐOリングは1本です。



ダイソー商品にはワッシャーが1枚組み込まれています。
ボディーとヘッドを回すとボディー前端がLEDの足に接触し通電します。
ワッシャーがあることで接触面積が増え、なおかつLEDの足を削らずスムーズな操作感を得ています。



ヘッドの内側形状も僅かに違います。



追記
セリアに寄るとブラックの品がありました。
代わりにブルーは見つかりませんでした。



接点にワッシャーが追加されました。



D-011 LEDライトD11 No,16 クリックで拡大 1498x1223


クリックで拡大 1404x1146

販売は100均ライトで有名なグリーンオーナメントです。

LED交換へ続く
  

Posted by luzllevada at 00:02Comments(0)光り物

2014年04月03日

ダイソー LEDライト2


初回記事にダイソーのLEDライトを書きましたが、今回も100円LEDライトです。
以前ミリブロでこれに似た形の物を見て印象に残っており、代用品になると思い買ってみました。
この様にウェビングに取り付けられます。




サイクルライト2LED
自転車D011 No,6
発光パターンは点灯と2種の点滅モードが選べます。









柔軟なシリコンゴムで覆われ自転車のハンドルバーに固定できます。
本体はカバーからスルリと外せます。
電池はCR2032を2個使用します。電池の蓋は爪で簡単に外せ、防水性は皆無です。
内部には簡単な電子回路も覗えます
3v電池を2個直列で繋いであり、LED1個には約3.3vの電圧が掛かっています。



以前紹介した物より電池容量も倍で点滅機能もあり、これはお買い得かと思われます。
明るさ比較はあまり意味はありませんが、比べると体感では1.5倍ほど明るく見えました。
操作もスイッチにクリック感があり扱いやすいです。
防水が気になりますが100円ならば壊れても使い捨てで惜しくはありません。

自転車用品コーナーに置いてあります。


  

Posted by luzllevada at 00:06Comments(0)光り物

2014年03月11日

LEDマーカー

GENTOS社のLEDセーフティバンド AX-710RD(販売終了)
http://www.gentos.jp/products/discontinued/AX-710/
amazonで約1000円でした。
後継機のAX-800シリーズややAX-900が出ています。
http://www.gentos.jp/products/flashlight/led_safety_series/

ジェントスは2013年4月に株式会社サンジェルマンから社名変更しています。




この商品はLEDが両端に2個あり、他社製品より2倍明るいのが売りだそうです。
柔らかく曲げて腕や足首に装着できるのでジョギンギや散歩や自転車向けと書いてあります。
発光色は赤(AX-710RD)と緑(AX-710GR)です。

ベルクロで長さ調節できるバンドで着けます。このバンドは勝手に緩むと評判悪いですが、実際緩みます。
内部はパッキンも無く防水機能は皆無です。
電池はCR2032を2個使います。
点灯モードは常灯と点滅で、チカチカと高速で点滅します。




5mmLED x2
LED端子間の電圧は約1.9V
赤外線LEDに交換しIRストロボに改造して遊ぶのも楽しいかもしれません。




ボタンが固く押し難いのでLEDサイリュームの方が好みです。
しかし腕に巻けるのでこちらの方が夜戦マーカー向きです。



ナイトアイズ http://www.niteize.com/ のマーカーも良さそうです。

クリップオンマーカー
http://www.niteize.com/product/LED-Clip-On-Marker.asp



マーカーバンド
http://www.niteize.com/product/LED-Marker-Band.asp
  
タグ :LED

Posted by luzllevada at 00:03Comments(0)光り物

2014年02月21日

ストロボライト

ACR社のFIREFLY2 ストロボライトです。
http://www.acrartex.com/products/catalog/legacy-products/firefly-2-doublefly/#sthash.H0d0awUB.dpbs
これもヤフオクで買いました。装備のオマケについてきました。












acr firefly2の電池は2AAで軍用と同じですが、それ以外は性能が異なります。
形は、軍用を側から中身を抜いた物と両側の耳を除けば同じです。
固定用の耳がある方が都合がいいと思いますが、MS-2000に付いてないのが不思議です。
使い方は電池を入れスイッチを上にスライドするだけです。


日本の山で遭難時に持っていて役に立つ事は無いと思います。基本夜間に救助活動はないそうです。
(追記 夜間救助はよくあるみたいです。)
沿岸警備隊コスには使えるかもしれません。
  

Posted by luzllevada at 01:07Comments(0)光り物

2014年02月16日

LEDサイリューム

普通のサイリュームは、
1.折るのがもったいない。
2.点灯すると消せない。
3.使い終わるとゴミになる。
4.紫外線で劣化する。
等の短所があります。

長所は電源不要、防水、ミリタリー的には格好良い、です。

その欠点を克服したのがこの日本オムニグロー社のサイリュームクラシック。 amazonで700円です。
http://www.amazon.co.jp/dp/B004WZ3KNS/
http://www.lightstick.co.jp/led/





長さは通常のサイリュームと同じ6inchに近い大きさの165mm。
見た目はダイソーにありそうな作りですが、細部は良く出来ていると思います。
しっかりと防水パッキンもあり安心です。
電池はLR44を3個。




ダイソーのケミカルライトと比較。
2本入り105円の物と1本入り105円を買ってみましたが、どちらも同じ大きさに見えます。
2本入りを買った方がお徳な気がしました。


サイリュームクラシック

点灯比較。左から2本105円、1本105円、クラシックLED。
2本入りは駄目ですね!
LEDの方は先端から光がかなり漏れます。

あくまで比較です。クラシック自体はあまり明るくありません。期待しないで下さい。


Oリングに油が無いように見えたので、シリコングリスを塗布しました。




やはりウェビングに装備するには実物サイリュームですね。
サイリュームクラシックは形が今一つです。

プッシュスイッチは薄いグローブなら指先の爪で押すように操作します。
もう少しスイッチを盛り上げると押し易いかもしれません。

スイッチ1回で点灯しもう一度押すと点滅、さらに押すと消灯します。
点滅サイクルはチッカ、チッカとゆっくりで車のウインカーと似た点き方をし、高速点滅はしません。

夜戦マーカー以外にも夜釣りのセーフティーマーカーや、キャンプでテントから離れる時に入り口で点灯といった、
安価で気軽に使え何時でも消せる機能から用途は広いと思います。
面発光ですので照らすには向きません。


ところで、本家OmniGlow社 http://www.omniglow.com/ ではLED式のサイリュームは見つけられませんでした。
アメリカamazonで「cyalume classic」と検索してもヒットしません。
輸入品だと思っていましたが、この品は日本だけにしかないのでしょうか?
  
タグ :LED

Posted by luzllevada at 00:16Comments(0)光り物

2014年02月14日

ダイソー LEDライト

初めてのミリブロは、100円均一のお店ダイソーのLEDライトについて書きます。

ボタン電池を使うマイクロライトと言えば、INOVA社のマイクロライトやLRI社のフォトンが有名です。
http://www.inovalight.com/microlight/
http://www.laughingrabbitinc.com/photon.html



左INOVA 右LRI
INOVAのこの他に無い本体とクリップの形が好きです。
持っていませんが。

有名品の半額程で売っているGENTOS社のキーライト SK-8G
http://www.gentos.jp/products/flashlight/key_light/SK-8G/

いずれも3Vのリチウムボタン電池を2個使用します。

そしてダイソーのLEDライト。価格は100円です。
D106 安全ライトA No,1


電池はCR2016が2個とマイクロライトはこれが共通規格なのでしょうか?
スライドスイッチが大きく操作が容易で使っていて楽しいです。
INOVAと同じように穴が大きく、紐ではなく帯で固定できるので左右にブラブラしません。

帯状に切り貼りしたベルクロを、INOVA風に通しウェビングに装着してみました。


夜にヘッドランプの電池を交換する時に使っています。
左手に消灯したランプと右手に電池を持ちながら、手放しで照らしてくれるこれはお気に入りです。
INOVAはミリフォトで軍人さんが付けているのが多数見られますが、確かに便利です。
本物はもっと良い物でしょうね。

ベルクロ帯の作り方です。
細く切ったベルクロのオスとメスを瞬間接着剤で接着します。




購入した中に製造不良がありました。
溝にLEDの足が入るようになっていますが、長すぎた足が入りきらずに突出し、電池が押し出されスイッチがスムーズに動かなくなるものです。
分解し溝に合せてニッパーで切ると解決できます。




品代わりの激しいダイソーですがこれは息の長い商品のようです。
購入の際に懐中電灯売り場で見つからない場合は、ストラップやカラビナを展示している場所にあるかもしれません。
本体色はオレンジと青もあります。
  

Posted by luzllevada at 01:36Comments(0)光り物