スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年07月25日

SILVAコンパス

記事35件目です。



普段使っているシルヴァのベースプレートコンパス(板状の方位磁石)です。
上の小さい方がSILVAのRangerで、下の赤い方が同じくexpedition-4b(NSN 6605-99-529-3731)です。
上 http://silva.se/node/42
下 http://silva.se/products/proffessional/expedition-4b-nato



expeditionは闇にぼんやりと光ります。




ライバル社の同価格帯製品と比べ悩みましたが、シルバ派なのでRangerを買いました。
好日山荘で3500円でした。
amazonでは2450円です。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0045JELAC/
expedition-4bの方はヤフオク購入です。



N極の白いマークはペイントに見えますが蓄光で光ります。
緑の夜光塗料に見える箇所も光ります。


それでは分解します。




銅製のテンションを掛けるスプリングを細いマイナスドライバーで端からこじって起こし外します。



プレートとリングとコンパス本体に分離します。
本体周囲を覆う灰色のゴムは一体で外れません。


組み立てです。


リングを板に収まるように乗せてからコンパス本体を入れます。



スプリングを溝の上に乗せます。



スプリングを指で押さえながら端からドライバーで押し込みます。


レンジャーとエクスペディション双方共にカプセル内にオイルが満たされスムーズな針の動きをします。
一見オイルが入っていないように見えますがこれはオイルコンパスです。経年劣化で気泡が出来るので分ります。
  
タグ :コンパス

Posted by luzllevada at 00:11Comments(0)計器

2014年04月15日

レンザティックコンパス



CAMMENGA社のレンザティックコンパス モデル27です。
NSN: 6605-01-571-6052
http://www.cammenga.com/product-p/27.htm
光る部分は全て蓄光です。
ヤフオクで買いました。

兄弟品としてモデル3Hと3HJPがあります。
3Hはトリチウムを使いバリバリ光る米軍用として一般的な物で、
3HJPは放射線規制のある日本向けにトリチウムを減らし蓄光に置き換えた、3Hと27を折衷した物です。
http://www.cammenga.com/product-p/3h.htm
http://www.cammenga.com/product-p/3hjp.htm









蓋さえ閉めておけば堅牢なコンパスです。
重たいゴツい蓋を開けるのがいちいち面倒なので、普段は普通のプレートコンパスを使います。


それではレンザティックコンパスを分解します。
プラスドライバーでネジを4本外します。


マイナスドラバーで裏蓋をこじ開けます。



コンパスカードを固定する白いプラ部品を外す前に、取り付ける向きが分かるよう印を付けます。


上から突くとポロリと取れます。


ベゼルをマイナスドライバーでこじって外します。



パキっと音がするとベゼルのガラスが割れました。





コンパス本体は上から押すと下に抜けます。嵌っているだけです。




ゴムで覆われ、ガラスもゴムに緩く包まれているだけで固定はされていません。



コンパスカードも乗っているだけです。





組み立てです。
ストッパー部を位置を合わせ嵌めます。


ガラスにプリントされたラインと本体の切り欠きを一直線に合わせます。


ガラスとケースの面が揃っているか確認します。


ベゼルを嵌めます。
クリッカーのある部分が嵌っている事を確認してからパチンと嵌めます。


コンパスロック部品を入れます。
印を付けた面と向きを確認します。




まさかガラスが割れるとは思いませんでした。
ベゼルは外さずに、裏から両面テープを貼って引っこ抜く方が安全です。
  
タグ :コンパス

Posted by luzllevada at 00:08Comments(0)計器

2014年02月18日

AN/PSN-13A



Rockwell Collins社のAN/PSN-13A 個人用GPS受信機です。
通称DAGR(Defense Advanced GPS Receiver )ダガーと読むらしいです。
NSN: 5825-01-526-4783
ヤフオクで買いました。珍しい物が売っているなと当時はドキドキしたものです。







電池はAAを4本とごく普通の物です。ストロボライトやNVGと共通ですね。
一方メモリーバッテリーは3.6V 1/2AAと少々特殊です。
そしてプラス極が、なだらかな物は入りませんでした。具体的にはGM BatteryはNGです。


NV対応なのか照明はオレンジではなくグリーンです。

古いGPS受信機はいつまで経っても所在が解らずに測位完了しないものもありますが、
これは衛星情報が無い状態でも数分で現在地を確定します。さすが軍用。
これさえあれば敵に追われてもシリアまで逃げる事ができると妄想しつつ野外に…持っていきません。
デカい重い操作がややこしいので、普通のハンディGPS受信機を使用しています。

wikipediaの英語版に "Fits in 2-magazine ammo pouch" と書かれていましたので、
SPEC-OPS社のM4ダブルマガジンポーチで試してみました。



入りません!
  
タグ :GPS

Posted by luzllevada at 00:06Comments(6)計器

2014年02月17日

トリチウムコンパス

記事5件目です。




CAMMENGA社のトリチウムリストコンパス モデルJ582T。
http://www.cammenga.com/product-p/j582t.htm
米国amazonで買いました。買った当時は日本へ発送可のお店に頼みましたが、今はあるかどうか分かりません。






Tの表記があるようにトリチウムで自己発光します。闇の中でも変わらずに光り続けます。
もちろん合法品です。
立派な軍用品でNSNもあります。NSN: 6605-00-809-5252
本体はアルミ製。バックルは磁石に反応しない金属だそうです。
昔はStocker and Yale Inc.(ストッカー アンド イエール)が作っていました。
今はCAMMENGA社が製造しています。CAMMENGAといえばあの重厚なレンザティックコンパスのメーカーですね。



SUUNTOのM9より小型です。
ベルトはナイロン製と書いてあります。



全暗黒の中での戦闘のスペシャリストが使っていたとかそんな話は全くありません。
良い品だと思います。もう少し知名度が上がって欲しいです。

夜にブラヴォー・ツー・ゼロのような状況になれば必要だと妄想しつつ野外に持って行っています。
  
タグ :コンパス

Posted by luzllevada at 00:22Comments(0)計器

2014年02月15日

リスト温度計




YCMコーポレーションのリストサーモメーター No,60Nです。
幾つかの会社から販売されていますが中身は同じだと思います。amazonで約1700円です。
http://www.amazon.co.jp/dp/B004BXACO6/
直径30mm。日本製made in japanです。
ダイビング用に優れIPX8と防水は完璧です。包装には20気圧以上と書かれています。
http://www.ycm-compass.co.jp/products/wrist.html



黒いボディーに赤い指針に蓄光文字盤と、どこかで見たような色形だと感じたので買ってみました。




SUUNTO社のM9コンパスと合せて。
並べて着けるのは蛇足に見えます。


厚さ3mm以下幅22mmまでのバンドが通せます。
オイル密閉式なのでカチャカチャ鳴りません。
夏は熱中症予防の体調管理に、冬はガス銃の温度管理に使えるのではないでしょうか。
腕に着けると体温を拾うので駄目です。
  

Posted by luzllevada at 00:09Comments(0)計器