スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年09月12日

fam焚き火台&ケース


2015年9月4日発売の雑誌「fam」付録のミニ焚き火台です。

こちらのblogに掲載されていたので入手してみました。
「え!SOTOのネイチャーストーブが付録の雑誌「ファム」
http://morikatu.seesaa.net/article/425109320.html

http://www.sansaibooks.co.jp/fam/fam-autumn-issue-2015.html
880円(税込)で購入できるとあり人気でもう売り切れました。
しかし編集元のFacebookの9月10日投稿では再販(付録込)が決まり、既に書店で注文可能なようです。
https://www.facebook.com/fam.sansaibooks

追記
luna-luna様よりコメントで情報を頂きました。
「再販分も品薄の可能性が高い、急いで予約をするべき。」だそうです。



手の平サイズの大きさと本体重量125gで比較的軽量です。
Esbiポケットストーブは85gです。



板厚は0.58mmほどです。
耐荷重2.5kgと書いてあり組み立てると結構ガッチリしています。


fam 焚き火台

小さいので火力も小さいのかと思いましたが小枝でカップラーメンのお湯は沸かせました。
頻繁な燃料投入で目が離せませんが熾きが貯まれば火が消えても空気を送るとすぐに復活します。
送風は団扇が便利です。

ある程度の太さの枝を短く折るにはノコギリがあると楽です。



アルコールストーブと違い使用すると煤と灰だらけになるのでこれらの焚き火台は収納用のポーチが必須です。
100円ショップを巡りスマホのポーチで代用しようと思っていたところ、ダイソーでこれを発見しました。



厚みはありませんが大きさにはゆとりがあります。



ダイソー L型ツートンサイフ。色は5種類ほどあるようです。
ポーチ小物入れ財布売り場にありました。
追記 この正方形の財布を使うアイデアは二番煎じでした。


雑誌の入手についてですが、探し回らずに本屋で注文できるか聞いた方が早いです。
もしくはamazonで定価売りが再開するまで随時確認するべきです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4861998131/


追記

「fam ミニ焚き火台」で検索していると、2セットを使い5角形や6角形さらに8角の台を組み立てている方々を見受けました。
その発想には思わず唸りました。
そこで問題になるロストル(火を置く穴の開いた板)の作成です。
自作ネイチャーストーブの底板用に買っておいたこれが利用できそうです。



6角形ならばこの角度で丁度1枚取れます。



ダイソー 深型水切りトレー。ステンレス製キッチントレーシリーズの1つです。
外形159mm x 261mm 厚みは目測で約0.3mm
薄いので熱で曲がって変形するかもしれませんが、100円で穴を開ける手間が省けるので代用できるなら楽になります。



良い感じの穴が開いています。



せっかくの焚き火台を固形燃料やアルコールストーブに使うだけでは勿体無い話です。
焚き火は結構楽しいので燃やしてみてはどうでしょうか。

まず枯れ木の枝の先端を集めます。マッチ棒の太さで細く指で簡単にポキポキ折れるよく枯れたものです。
掌に乗るだけ集めます。



鉛筆と同じ太さの枝を集めます。折って断面が青い生木は燃えないので避けます。
両手に持ちきれないほどの量が無いと後で足りなくなります。



よく乾いた落ち葉を中に突っ込みます。素手で触り湿っていると感じた物は取り除きます。



落ち葉→マッチ棒状の小枝→鉛筆の太さの枝の順に燃やします。
後はお湯が沸くまでひたすら枝を補充します。
落ち葉が燃えない状況ではティッシュを1度に2~3枚丸めて使います。1枚ずつ燃やすと失敗します。



動画を撮ってみました。
コーヒー1杯分を沸かすだけで20分も掛かりました。



マグカップの底がヤニとススで真っ黒になりました。
お気に入りのクッカーが汚れだらけになるので焚き火に掛けるのは止めるべきです。



マグカップで何時まで経ってもお湯が沸かない場面があり非効率的でした。
丁度良い蓋が無いので自作します。
なおマグカップ蓋自作の定番は缶詰の底だそうです。



材料はダイソーのアルミ製なべ蓋。



調理器具売り場にあります。



表。



裏。
取っ手のネジはアルミです。



アルミ製で軟らかくハサミでもザクザク切れます。



傾けると蓋がずれるので縁をプライヤーで曲げました。
  

Posted by luzllevada at 00:03Comments(8)ポーチ火器

2014年04月25日

CSMダンプポーチ

記事25件目です。





CSM Tactical Gearのダンプポーチ。
NSN:8465-01-535-6935 Drop Pouch
http://csmgear.com/cgi-bin/imcart/display.cgi?item_id=droppch&cat=10&page=1&search=&since=&status=&title=
ヤフオク購入です。



縫製を解いて分解すると中身は、このような外袋と内袋に分かれる構造です。
内袋はドローコードを引くと口が閉まる巾着袋になっています。
縁には黒色の硬いベルト状の芯が入っており、投入口が型崩れしないように工夫がされています。
どうやらこの黒いベルトが強度の秘密かもしれません。


なおボタンの付いたベルトの幅は1inchでした。
  
タグ :ポーチ

Posted by luzllevada at 02:43Comments(0)ポーチ

2014年04月11日

MP7マガジンポーチ


MP7マガジンポーチ

EMERSON社のMP7用シングルマガジンポーチです。
EM6057A。色はカーキ。
ebayでの購入です。
MP7シングルマグポーチは現在これだけしかないのでしょうか?
他では見つかりませんでした。



エマーソンにはエマーソンギアとエマーソンタクティカルそれぞれあるようですが、両社の違いがよく分かりません。




バンドの固定は先端を返して差し込むだけです。
強度不足を予感していましたが全く問題は無く、むしろmolleを編み込み易く着脱が楽です。
千切れて飛ぶボタンより確実かもしれません。

(追記)編まずに取り付けると、ポーチを斜め上に引っ張ると折り返して差し込んだ先端からスポンと抜けます。



マガジンを保持するゴムバンドは不要で切断しました。




フラップは取り外せます。
先端のタブを除き長さは約33cmあります。





フラップを差し込む深さで、収容する長さを変更できます。



MP7マガジンポーチ



懐中電灯もすっぽり収まりました。
付属のゴム紐とタブをベルクロの下に通し固定することで、オープントップに変更可能です。
  
タグ :ポーチ

Posted by luzllevada at 00:05Comments(0)ポーチ

2014年04月08日

グレネードポーチ

記事20件目です。




MOLLE II
HAND GRENADE POUCH
NSN 8465-01-525-0589

UCP柄のどこにでもあるハンドグレネードポーチです。
この色が一番安かったのでヤフオクで買いました。







ドットボタンは取り外し、ベルクロを貼り付け改造しています。
前回の行動食繋がりの、サクマ式ドロップスの75g缶が丁度するりと入ります。
ポーチの縫製の違いで入らなかったりします。






小物入れにはピッタリです。
色が気に入らないのでこれも染める予定です。
  
タグ :ポーチ

Posted by luzllevada at 00:02Comments(0)ポーチ