スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年04月30日

赤十字マーク

メディックパッチの続きです。


「装備部屋」というblogをご存知でしょうか?
http://geardepot.seesaa.net/
既に閉鎖され跡地が残っているだけですが、ミリブロをご覧の方の中にはレイアウトに見覚えがある方も多いと思います。
ぜひ復活して欲しいblogです。

その中で2009年5月18日に、
「ファーストエイドポーチのマーキングは黒十字か赤十字かという話で、黒を奨励する」
「赤で記載するとナイトビジョンで見た場合に見えないから」

と書かれていました。

これは興味深いので実際に試してみました。

まずは予備実験です。
普通のコピー用紙にマジックで赤十字と黒十字を書きます。




暗視では
赤は区別が付かなくなり、鉛筆で書いた枠が浮き上がります。
赤は見えない、本当でした。

そして前回のCSMダンプポーチ、色はコヨーテに描き込みます。




やはり赤は消えます。
という訳で、IFAKポーチでは黒十字の方がよりリアルになることが確認できました。
しかし実験ではIRイルミネーターを照射しているので、消えるとは大袈裟な表現です。
それでもIR照射せずとも微光下で見えにくくなる事には変わりません
  

Posted by luzllevada at 00:01Comments(0)装備その他

2014年04月25日

CSMダンプポーチ

記事25件目です。





CSM Tactical Gearのダンプポーチ。
NSN:8465-01-535-6935 Drop Pouch
http://csmgear.com/cgi-bin/imcart/display.cgi?item_id=droppch&cat=10&page=1&search=&since=&status=&title=
ヤフオク購入です。



縫製を解いて分解すると中身は、このような外袋と内袋に分かれる構造です。
内袋はドローコードを引くと口が閉まる巾着袋になっています。
縁には黒色の硬いベルト状の芯が入っており、投入口が型崩れしないように工夫がされています。
どうやらこの黒いベルトが強度の秘密かもしれません。


なおボタンの付いたベルトの幅は1inchでした。
  
タグ :ポーチ

Posted by luzllevada at 02:43Comments(0)装備ポーチ

2014年04月15日

レンザティックコンパス



CAMMENGA社のレンザティックコンパス モデル27です。
NSN: 6605-01-571-6052
http://www.cammenga.com/product-p/27.htm
光る部分は全て蓄光です。
ヤフオクで買いました。

兄弟品としてモデル3Hと3HJPがあります。
3Hはトリチウムを使いバリバリ光る米軍用として一般的な物で、
3HJPは放射線規制のある日本向けにトリチウムを減らし蓄光に置き換えた、3Hと27を折衷した物です。
http://www.cammenga.com/product-p/3h.htm
http://www.cammenga.com/product-p/3hjp.htm









蓋さえ閉めておけば堅牢なコンパスです。
重たいゴツい蓋を開けるのがいちいち面倒なので、普段は普通のプレートコンパスを使います。


それではレンザティックコンパスを分解します。
プラスドライバーでネジを4本外します。


マイナスドラバーで裏蓋をこじ開けます。



コンパスカードを固定する白いプラ部品を外す前に、取り付ける向きが分かるよう印を付けます。


上から突くとポロリと取れます。


ベゼルをマイナスドライバーでこじって外します。



パキっと音がするとベゼルのガラスが割れました。





コンパス本体は上から押すと下に抜けます。嵌っているだけです。




ゴムで覆われ、ガラスもゴムに緩く包まれているだけで固定はされていません。



コンパスカードも乗っているだけです。





組み立てです。
ストッパー部を位置を合わせ嵌めます。


ガラスにプリントされたラインと本体の切り欠きを一直線に合わせます。


ガラスとケースの面が揃っているか確認します。


ベゼルを嵌めます。
クリッカーのある部分が嵌っている事を確認してからパチンと嵌めます。


コンパスロック部品を入れます。
印を付けた面と向きを確認します。




まさかガラスが割れるとは思いませんでした。
ベゼルは外さずに、裏から両面テープを貼って引っこ抜く方が安全です。
  
タグ :コンパス

Posted by luzllevada at 00:08Comments(0)装備計器

2014年04月13日

PJ番組



http://www.ngcjapan.com/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/1380
有料テレビのナショナルジオグラフィックチャンネルで「アメリカ空軍 救難員日記」という番組が2014年4月に放送されていました。
偶に再放送されています。

原題はInside Combat Rescueです。
アフガニスタンで活躍するパラレスキュー隊員に密着し記録したドキュメンタリーです。
2013年1月にミリブロNewsで紹介され、覚えておられる方も多いのではないでしょうか。
http://news.militaryblog.jp/e400619.html

6話まであるようです。
DVDも出ています。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00BNAE03Y



原題で検索するとYouTubeで英語版のものが観られます。
しかし違法アップロードされたものですから見てはいけません。
絶対に駄目です。
  

Posted by luzllevada at 00:01Comments(0)

2014年04月12日

プラリペア代用品



http://orzorz.militaryblog.jp/e532875.html
上記のミリブロでプラリペアの代用品があり、さらにそのコメントで100均でも販売されていると知りました。
早速購入してみました。
プラリペアとはプラ部品の補修剤です。http://www.plarepair.net/

ところで先日までずっと「プラペリア」だと勘違いしてました。


2015年9月現在ダイソーでの取り扱いはありません。
セリアも同様です。


入手先は100円均一のお店シルクです。http://www.watts-jp.com/brands/meets.html
近所の数店を回ったところ全ての店で在庫がありました。しかしネットで検索すると置いている店は少ないそうです。
未確認ですが、ダイソーとセリア以外のほとんどの100円ショップにあるようです。
本来はネイルアート用で、美容用品売り場に置いてあります。



2アクリルリキッド 3アクリルパウダーと、番号が振ってあります。
では1は何かというと爪への食い付きをよくするプライマーだそうです。
1は不要です。





アクリルリキッド CKAR601
成分はメタクリル酸エチルで、ガラス瓶入りです。
ネットでは容量10mlと書かれている所を幾つか確認しましたが、包装とラベルには5mlと表記されています。
5mlにしては瓶の口ぎりぎりまでたっぷり入っています。
45mlで300円は激安ですね。





アクリルパウダー クリア CKPW601
容量4gです。アクリル板をヤスリで削って粉を作ろうと考えていた時もありました…。
キャップを取っても中身がこぼれないように透明な封がしてあります。
粉の色は全6色です。
粉を使い切れば部品やグリス入れになります。これに似た容器も100円ショップで売っています。



これらのプラリペアの代用品の液と粉は、以前の記事のメディックシザーと同じ楽天の店で買えます。
http://item.rakuten.co.jp/suehiro-cop/ckar601/
http://item.rakuten.co.jp/suehiro-cop/ckpw


これでいつプラスチックが壊れても安心です。スポイトとニードルは化粧品売り場で見かけた記憶があります。



追記
「プラリペア 代用」のキーワードで訪問される方が多く意外でした。
検索すると昔からある流用方法ですね。
記事を充実するために、おゆまるとニードル付きスポイトを購入予定です。




購入しました。

ニードルと型取りくんの代用です。
どちらもダイソーにありました。

使い方
「ニードル」 http://www.plarepair.net/kihon-01.htm
「型取りくん」http://www.plarepair.net/kihon-02.htm




スポイトとニードルは漏斗とヘラのセットです。
数店廻って1個だけ、化粧品の詰め替えボトル売り場にありました。
注射器タイプはどこの店に行っても必ずありましたが、多分注射器は操作が難しいと思います。

他府県のダイソーへ行くと、このスポイトセットは化粧品詰替え容器売り場に必ず置いてありました。



スポイトセット
化粧品S-詰替容器 No,63





針の外径は0.69mm スポイトの先の外径は4.26mmです。





おゆまるは2本入りで、下の型とセットです。
オモチャ売り場の粘土コーナーに置いてありました。
もしくは文房具売り場に消しゴムと一緒にあります。
これはダイソー1店舗目ですぐ確保できました。

重量は1本で6gあり2本で12gです。型取くんの25gの丁度半分です



D-37 粘土 No,89


ニードルは要加工ですが、そのうちなんとかしたいと思います。


純正のニードルと容器が、ヨドバシカメラで送料無料440円で買えます。
http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001001807782/

加工と買いに行く手間を考えれば、100円ショップに拘らず純正で揃えた方が楽かもしれません。
  

Posted by luzllevada at 00:02Comments(7)装備自作

2014年04月11日

MP7マガジンポーチ


MP7マガジンポーチ

EMERSON社のMP7用シングルマガジンポーチです。
EM6057A。色はカーキ。
ebayでの購入です。
MP7シングルマグポーチは現在これだけしかないのでしょうか?
他では見つかりませんでした。



エマーソンにはエマーソンギアとエマーソンタクティカルそれぞれあるようですが、両社の違いがよく分かりません。




バンドの固定は先端を返して差し込むだけです。
強度不足を予感していましたが全く問題は無く、むしろmolleを編み込み易く着脱が楽です。
千切れて飛ぶボタンより確実かもしれません。

(追記)編まずに取り付けると、ポーチを斜め上に引っ張ると折り返して差し込んだ先端からスポンと抜けます。



マガジンを保持するゴムバンドは不要で切断しました。




フラップは取り外せます。
先端のタブを除き長さは約33cmあります。





フラップを差し込む深さで、収容する長さを変更できます。



MP7マガジンポーチ



懐中電灯もすっぽり収まりました。
付属のゴム紐とタブをベルクロの下に通し固定することで、オープントップに変更可能です。
  
タグ :ポーチ

Posted by luzllevada at 00:05Comments(0)装備ポーチ

2014年04月08日

グレネードポーチ

記事20件目です。




MOLLE II
HAND GRENADE POUCH
NSN 8465-01-525-0589

UCP柄のどこにでもあるハンドグレネードポーチです。
この色が一番安かったのでヤフオクで買いました。







ドットボタンは取り外し、ベルクロを貼り付け改造しています。
前回の行動食繋がりの、サクマ式ドロップスの75g缶が丁度するりと入ります。
ポーチの縫製の違いで入らなかったりします。






小物入れにはピッタリです。
色が気に入らないのでこれも染める予定です。
  
タグ :ポーチ

Posted by luzllevada at 00:02Comments(0)装備ポーチ

2014年04月07日

行動食



野外でカロリーを補い歩きながら食べられる物を紹介します。
どれもダイソーで100円です。


M&M'Sチョコ


http://www.m-ms.jp/products/index.html
非常時にカロリーの有る物の代表はチョコレートですが、板チョコは駄目です。
以前ポケットの中でデロデロに溶けて酷い目に遭いました。
溶けないチョコで有名なM&M'Sは、米軍のレーションにも含まれているそうです。だから今回は一応ミリタリーネタです。
種類は幾つかあり食べ比べてみましたが、
粒が大きく食べ応えのあるピーナッツかアーモンドがお勧めです。





カロリーバランス


http://haitai.co.jp/products2.html
カロリーといえばカロリーメイト。
こちらは類似品のカロリーバランスです。2本入りが2パックで1箱4本入りです。
単体では嚥下し辛く飲み物が必須です。
チョコとチーズとメープルとフルーツ味の4種類あります。





サクマ式缶ドロップス



http://www.sakumaseika.co.jp/product/drops.html
飴は1種類ではすぐに飽きがくるので多種入りのサクマ式ドロップスです。
缶入りでゴミも出ません。
サクマドロップに比べ缶は小さく携帯に優れ、何よりチョコ味が入って有利です。
ハッカが出ると当たりです。


  

Posted by luzllevada at 00:03Comments(0)

2014年04月03日

ダイソー LEDライト2


初回記事にダイソーのLEDライトを書きましたが、今回も100円LEDライトです。
以前ミリブロでこれに似た形の物を見て印象に残っており、代用品になると思い買ってみました。
この様にウェビングに取り付けられます。




サイクルライト2LED
自転車D011 No,6
発光パターンは点灯と2種の点滅モードが選べます。









柔軟なシリコンゴムで覆われ自転車のハンドルバーに固定できます。
本体はカバーからスルリと外せます。
電池はCR2032を2個使用します。電池の蓋は爪で簡単に外せ、防水性は皆無です。
内部には簡単な電子回路も覗えます
3v電池を2個直列で繋いであり、LED1個には約3.3vの電圧が掛かっています。



以前紹介した物より電池容量も倍で点滅機能もあり、これはお買い得かと思われます。
明るさ比較はあまり意味はありませんが、比べると体感では1.5倍ほど明るく見えました。
操作もスイッチにクリック感があり扱いやすいです。
防水が気になりますが100円ならば壊れても使い捨てで惜しくはありません。

自転車用品コーナーに置いてあります。


  

Posted by luzllevada at 00:06Comments(0)装備光り物