スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年07月25日

SILVAコンパス

記事35件目です。



普段使っているシルヴァのベースプレートコンパス(板状の方位磁石)です。
上の小さい方がSILVAのRangerで、下の赤い方が同じくexpedition-4b(NSN 6605-99-529-3731)です。
上 http://silva.se/node/42
下 http://silva.se/products/proffessional/expedition-4b-nato



expeditionは闇にぼんやりと光ります。




ライバル社の同価格帯製品と比べ悩みましたが、シルバ派なのでRangerを買いました。
好日山荘で3500円でした。
amazonでは2450円です。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0045JELAC/
expedition-4bの方はヤフオク購入です。



N極の白いマークはペイントに見えますが蓄光で光ります。
緑の夜光塗料に見える箇所も光ります。


それでは分解します。




銅製のテンションを掛けるスプリングを細いマイナスドライバーで端からこじって起こし外します。



プレートとリングとコンパス本体に分離します。
本体周囲を覆う灰色のゴムは一体で外れません。


組み立てです。


リングを板に収まるように乗せてからコンパス本体を入れます。



スプリングを溝の上に乗せます。



スプリングを指で押さえながら端からドライバーで押し込みます。


レンジャーとエクスペディション双方共にカプセル内にオイルが満たされスムーズな針の動きをします。
一見オイルが入っていないように見えますがこれはオイルコンパスです。経年劣化で気泡が出来るので分ります。
  
タグ :コンパス

Posted by luzllevada at 00:11Comments(0)装備計器

2014年07月18日

ファイヤースターター2


その1の棒状とは違いマグネシウムの塊です。



amazonで買いました。ボールチェーンが必要になったので2本付属するこれを選びました。
http://www.amazon.co.jp/dp/0101622236/
価格は送料込み500円前後です。
商品説明では未包装に見えますがパッケージに入ってました。


クリックで拡大 800x1280



クリックで拡大 800x1200





Coghlan’sの Magnesium Fire Starterに包装がよく似ていますがメーカー名は不明です。
http://www.coghlans.com/products/magnesium-fire-starter-7870




大きさは、長さ75mm縦30mm幅10mmです。

-SPARKING INSERT-
P.O.BOX 21338
SO EUCLID 0.44262
-SHAVING EDGE-

4248-01-166-6618
FSCM 62668 MFR/PN 8608
FIRE STARTNG TOOL
MAGNESIUM

13桁の数字はデタラメです。
米軍正式採用の物はNSN:4240-01-160-5618です。


firestarter magnesium glow

蓄光の粉末が塗してあり暗闇でも判別できる凝った作りです。


使い方はこちらの、国立吉備青少年自然の家に詳しく書かれています。 http://kibi.niye.go.jp
 火起こし体験 http://kibi.niye.go.jp/program/detail.php?id=79
 マグネシウム・ファイアスターターの使い方(PDF)
http://kibi.niye.go.jp/common2/photo/kcfinder/files/program/730107.pdf



amazonのレビューでは火花が飛ばない問題が散々出てきます。
現物も芳しくありませんでした。
どうやら付属のストライカーのエッジが甘いのが原因のようです。
解決方法は角を立てるだけで簡単と思いきや、硬いのかヤスリも砥石でも削れませんでした。
素材は鉄にメッキではなく、ステンレスです。

先端から2~3cmのエッジを効かせます。



手で削れないなら電動工具の出番です。
回転砥石を引っ張り出し削ってみました。



目盛のある側を軽く撫でるように研磨します。
斜めにせず垂直に当てる方が良い結果になりました。
結局削るのであれば、ダイソーで金鋸を買い適当な長さに折って角を出す方がいいのではないでしょうか。


火花さえ散ればあとは細かく削り出したマグネシウムは簡単に燃えます。
マグネシウムに点火すると灰が一気に舞い上がるので、試すのは屋外が無難です。



ストライカーの代用品を作ってみました。
ダイソーでは在庫切れでしたので、100円ショップのシルクで金鋸の替刃を買いました。
4枚入りです。





手で曲げればパキッっと簡単に折れます。



良い長さに折ります。




ペイントごと削り取り研磨します。



火花も飛び火も点きます。

しかし、栓抜きのある付属品の方が大きく、力を入れやすいです。
ある程度の大きさが必要かも知れません。


追記
何度か点火すると、あっという間に角が削れてしまい火花が出なくなりました。
金鋸をファイヤースターターのストライカーに流用は失敗です。
もう少し硬いステンレス切削用なら使えるかもしれません。


NEXT - Fire Starter3 へ続く
  

Posted by luzllevada at 00:01Comments(0)装備火器

2014年07月12日

ファイヤースターターその1

メタルマッチやファイヤースチールとも言います。
火打石です。

電子着火ライターでは標高が上がると火花が弱くなり火がつかなくなり、
フリント式ライターでは濡れてしまうと乾くまで着火しなくなります。
前者は標高1000m程度で体験できました。本当に着きません。
後者はコップの水にライターのヘッドを軽く浸けるだけで実験できます。フリントから火花が全く飛ばなくなります。
ファイヤースターターなら問題なく点火できます。



以上は建前で、100円ライター2個分の金額でベア・グリルスごっこが出来るなら面白いと思い、
amazonで送料込み200円でお釣りがくる、このファイヤースターターを買ってみました。

http://www.amazon.co.jp/dp/B005JPVO7E/
2014年7月11日現在では165円が最安値です。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00AV3UF42/
こちらは2014年10月13日現在では110円です。50円台の時もあります。




左から単三電池 BICスリムライター ストライカーと火打ち棒
ストライカーは赤く塗装された只の鉄片です。

使い方はamazonのレビュー1番上にある動画が分かり易いです。
左利きの人は右手でストライカーを持って下さい。これも含め安物は全て右利き用に加工されています。

濡れても一発着火とありますが、ストライカーと火打ち棒の両方を水で濡らすと完全に不能でした。
ライターと違い水気が拭き取りやすい程度、だと思います。安物は駄目ですね。

ガス切れも無く安価なので、お守り代わりにライターと一緒に持って行っています。




コットン球はティッシュや紙と違い着火が早く良く燃えます。
綿100%です。ダイソー 衛生No,137 なぜかピンセット付き。



コットン球とワセリンを使った着火剤があります。下記参考サイト
http://kokofukuhana.naturum.ne.jp/e1772264.html 「ワセリンボール」
http://blogs.yahoo.co.jp/dfm92431/64082175.html 「コットン球とワセリンで作る自作着火剤」


自作するのも容器に入れて携行するのも面倒だと思っていたところ、医療用アルコール綿を流用されている方を知りました。
「医療用アルコール綿を着火材として考えてみる」
http://liberalart20.blog.fc2.com/blog-date-201110.html
早速試してみると、ファイヤースターターでも楽に着火します。
火花を飛ばせば一発で燃えるのでこれは楽しいです。





ダイソーのアルコール消毒綿。衛生No,220。酒精綿や Alcohol Swabとも表記します。
衛生用品売り場で包帯の横に置いてありました。14包入り。

100包入りの業務用は268円 (税込)です。
http://lohaco.jp/product/1215063/





財布に入る大きさです。




綿は4cm角です。




ワセリンボールより携帯が楽で保管しても揮発せず、消毒やウエットティッシュ代わりに使えるので用途も広いと思います。
なかなか点かないファイヤースターターを何度もゴリゴリ削るより、これでスマートに燃やす方が格好良いです。
ライターで火を点ける方がずっとスマートですが。



追記
折れました。

折れたファイヤースターター



元の直径4mmから2mmに減肉したところでポキリです。



フリント棒の長さ40mm



フリント棒の元の直径は4mmでした。



NEXT - Fire Starter2へ続く

参考サイト
http://kokofukuhana.naturum.ne.jp/ 「3時のオヤツとゆるゆるソトアソビのススメ」
http://blogs.yahoo.co.jp/dfm92431/ 「播磨の山々」
http://liberalart20.blog.fc2.com/ 「YU-KI.@LIBERAL_ART'S」

非常に参考になり助かりました。感謝します。
  

Posted by luzllevada at 00:15Comments(0)装備火器

2014年07月11日

ダイソー 四色羊羹




行動食に追加しようと思いましたが、美味しかったので別記事にします。

自転車やっている人には羊羹は常識です。
そしてこのダイソー四色羊かんは定番だそうです。通称ミニ羊羹。
google検索すると何年も前からあるようです。
4つ入りで100円とお買い得です。

a.開封が容易
b.手が汚れない
c.4種あり飽きない
d.保存期間が長い
e.小分けされている


a.開封が容易
切れ目を摘んで上に引っ張るだけで、上部がタバコのBOX風に綺麗に開きます。片手とクチでも開けられるとか。
上手く開かずに内容物が引っ掛かったり(カロリーメイト)、勢い余って中身全てバラ撒いたり(M&Mチョコ)しますが、
剥き易さが考えられていて楽しいです。





b.手が汚れない
下から指で挟むとニュっと押し出されるので、口でかじるだけです。



c.4種あり飽きない
どんなに美味しくても同じ物を食べ続ければ飽きがきます。
気分で選べると士気も上がります。




d.保存期間が長い
製造から賞味期限は常温で約1年です。
保存が利くので装備に入れっ放しにできます。
開封しても固形燃料の様に劣化しません。



e.小分けされている
単三電池サイズで、装備の隙間に押し込めばコンパクトに収納可能です。
潰れる心配もありません。
一口サイズなので休憩時に「これどうぞ」と人にお裾分けすることも容易です。

ダイソー 羊羹


売り場はダイソーのお菓子売り場で、ドラ焼きと一緒に並んでます。
もしくはレジの前の台の上にメロンパンとセットで置いてあります。
  

Posted by luzllevada at 00:01Comments(0)