スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年03月25日

LED誘導灯


誘導棒や合図灯と呼ばれる物です。オメガ7の2巻で田中が説明していたあの赤く発光する業界用語でニンジンです。
最近は自治会や消防団の夜間巡回などで目にする機会も多いと思います。
用途は車に積んでおき夜間の事故の際はこれで誘導や案内をします。



まずはホームセンターのコーナン(http://www.hc-kohnan.com/)で買った反射バトン。税込み1023円。LFX-30-056
三角コーン売り場にありました。これは発光しません。
ライトを反射するだけなので夜間は車に正対しないと目立ちませんが、軽くて扱いやすいです。
電池も不要で昼間ならこれで十分です。



長さ52cm 反射部長さ39.5cm
重量79g
反射部直径40mm グリップ中央直径35mm





こちらはホームセンターロイヤル(https://www.royal-hc.co.jp/)で買った誘導灯(レギュラー)7990
税込み1024円。作業用ヘルメットなどの安全用品売り場にあります。
単二電池2本使用。スイッチを押すと、点滅→点灯→消灯を繰り返します。LEDは多分6個です。
説明書は付属しませんが簡単操作なので不要です。
しかし、パッケージに「電池の+-を正しくセットしてください」と書かれていますがどこにも+-の刻印やプリントが存在しないのはどうかと思います。



長さ56cm(ストラップホール込み) 発光部長さ36.5cm
発光部直径30mm グリップ直径33mm グリップは単一電池とほぼ同じ太さです。



単体重量141g



電池込み重量235g





こちらは楽天で買ったLED誘導灯。送料税込み800円でした。箱にはREF BATON model no.ST-900と書いてあります。
http://item.rakuten.co.jp/isozakistore/100049033453/
単一電池2本使用。これも点滅→点灯→消灯のパターンです。LEDはこれも多分6個です。
暗い・重い・太いの3拍子揃った安物です。



長さ54cm(ストラップホール込み) 発光部長さ34cm
発光部直径40mm グリップ直径38mm



単体重量177g



電池込み重量453g。重量の半分以上を電池が占めています。
これでは重過ぎて腕が疲れます。
http://www.hrr.mlit.go.jp/library/happyoukai/h27/E/E19.pdf
「国道18号におけるチェーン装着指導について」
5ページ目の「過酷な気象に対し装備品の充実で安全度向上」



右が電池変換スペーサー。ダイソーや他の100円ショップでも大抵置いてます。



単一電池1本の重量約100g



単三電池とスペーサーの重量合計約40g
スペーサーを使い単一から単三に変えると2本で約120g減量できます。



どれもグリップを捻って外し電池の+を上にし入れて戻すだけです。




ライトを点けた車の前方約30m先でカメラの三脚にぶら下げ撮影しました。
左が1000円で右が800円に中央が1000円の反射バトンです。

どちらの誘導灯も点滅点灯させればハッキリと認識できます。
左の明るい方は色が飛んで白く見えますが肉眼では普通の赤色です。
手に持つと800円の方は暗く頼りない感じがしますが、離れて見ると発光部の太さで暗さをカバーしています。

反射バトンは低い位置にあるのでロービームでも光って見えますが、50m以上離れ頭上で振ると視認できないと思います。
3:15からハイビームで照らすと後方にある電柱の反射材が光って見えますが、ロービームでは完全に見えていません。


誘導灯の目立つ鍵は発光部の長さと太さです。
LEDの明るさに注目しがちですが、多少明るくともほんの数メートル離れるだけで動画をご覧の通りです。
単二電池を使う物も単三変換スペーサーで軽量化できます。
  
タグ :LED

Posted by luzllevada at 00:01Comments(0)装備光り物

2015年03月16日

ファイヤースターター11


EXOTACのナノストライカー XL(nanoSTRIKER XL)のレプリカです。ebay購入で中国の深センから何故か7日で届きました。
価格は1200円しました。
XLではない小さい方だと思い込んでましたが、重さの違いから調べるとこれはXLでした。
もう200円出すと純正には無い赤色が買えます。

内容物は予備のゴムパッキン2つ、リング1つ、パラコード20cm、EXOTACの説明書コピーです。



3つに分解でき大きさは小型です。右のストライカーは断面がH型で火花が飛ばしやすい構造です。



外した鞘をフリント棒の反対側にねじ込むとグリップになります。



格納時全長99mm
画像を眺めて気付きましたがローレット部が歪んでいます。



本体直径約11mm



重さ22g。



フリント棒長さ38mm



フリント棒直径6.3mm



フリント棒長さ50mm
本物のナノストライカーと同様にフリント交換可能です。換えのフリントもちゃんとebayで売られています。




3週間前に使ったウェットファイヤーティンダーを少し削り火花を飛ばすと簡単に火がつきました。
動画ではグリップを付け忘れていますが本来はフリント棒と一体で使用します。

使用感ですが、ストライカーがあまりにも小さすぎるので使い難いです。
本物とはフリントとストライカーの素材が違いますが大きさに無理があると思います。
パラコードを編んでストライカーを持ちやすくするとマシかもしれません。

NEXT - ファイヤースターターまとめ へ続く
ファイヤースターター12 へ続く
  

Posted by luzllevada at 00:01Comments(0)装備火器

2015年03月13日

防水シガレットケース



セリアの防水ケースです。商品名はスケルトンケースと書いてあります。
寒い季節には置いていない商品のようです。夏になればキーホルダー売り場かポーチ売り場にあります。
大小の2種類で色は赤と青のみです。
紐が付属するので首から下げられます。



大はタバコが1箱入ります。ロングもいけます。



小はBICミニライターと、クリッパークラシックのマイクロが丁度入ります。



ゴムパッキンと横のロックで水の浸入を防ぐ構造です。
  

Posted by luzllevada at 00:00Comments(0)装備その他

2015年03月08日

尾西のレトルト食品


尾西食品のレトルトご飯です。5年間常温で保存できます。
元潜水艦乗りの尾西氏が創業した会社で、戦時中に保存食を海軍へ納めていた由緒正しいミリ飯メーカーです。
http://www.onisifoods.co.jp/

ところがこちらのblogで尾西のごはんシリーズが非常に不味いと書かれています。
http://lunaluna302.blog.fc2.com/blog-entry-159.html
「尾西の五目ごはん アルファ米 防災・登山フリーズドライを食べてみた」

そんなに不味いならネタになり面白いので試しに食べてみました。



白飯 五目ごはん わかめごはん 田舎ごはん 松茸ごはん
赤飯 山菜おこわ 白がゆ 梅がゆ ドライカレー チキンライス えびピラフの12種類あります。
http://www.onisifoods.co.jp/products/alpharice.html

水でも食べられると書いてあります。



五目ごはんを、1個から買えるヨドバシで注文しました。送料税込み363円でした。
http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001000838085/
封は手で簡単に切れます。
パウチの中にご飯と一緒にスプーンが入っているのがポイント高いです。
シリカゲルのような脱酸素剤は飯の中に埋もれていました。



お湯を注ぎよく掻き混ぜ15分で出来上がりです。

悪くない味でした。普通に五目ごはんしています。非常食のレトルトでこの味なら文句はありません。
美味しいとは言えませんが、ゲロ不味とメチャウマの間のそれなりの少し上だと思います。



パウチの内側にも作り方と、水量の位置が印刷されています。

上部はジップロックのように封ができ食後の片付けも楽です。
amazonのレビューにこの封があることで水を注ぎ調理しながら移動可能と書いてあります。
この点はカップラーメンや他のレトルト食品には無いメリットです。


不味くない結果で残念です。
飲料水が手に入るかどうか分からない非常時はともかく、アウトドア用にどうでしょうか。



追記
尾西の白飯

白ご飯も試してみました。
味付けで誤魔化せないので味の評価にはピッタリです。
ヨドバシで298円でした。
http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001000838081/



カップうどんと一緒に食べます。



ところが、ご飯の量が多く余ってしまったので残りは茶漬けにしました。

試食の結果は普通のレトルトのうるち米の味でした。
サトウのご飯と同じ味です。
  
タグ :行動食

Posted by luzllevada at 00:01Comments(2)

2015年03月07日

着火剤

記事55件目です。


ワセリンティンダー自作と、ダイソー着火剤のテストをしてみました。



まずはワセリンを用意します。薬局で買えます。
ワセリンは歯磨き粉のようなチューブ入りの方が扱いが楽です。
50gもあればで十分です。



意外と硬く粘土のような感触でベタつきます。



コットン球はダイソーに売っています。衛生用品売り場にあります。
ごく普通の球綿です。



ワセリンを器に入れ湯煎し溶かします。量は大さじ2杯から始め、足りない分は後から追加します。



溶けたワセリンにコットンを入れると即吸収します。
コットン全体に吸収させ過ぎると着火直後に立ち消えするので半分程度に留めます。



ワセリンはベタベタするので容器に入れ携行します。



セリアのアルミクリームコンテナ30gにコットンが約10個入ります。
缶の直径50mm 高さ20mm



美容用品売り場にありました。密閉できる缶ケースは貴重です。



完成したワセリンコットンはライターの火花で簡単に着火できます。




ダイソー 木炭・まき用着火剤。固形燃料です。
バーベキューの炭熾しに便利です。削って粉状にするとファイヤースターターでも点火することができました。



E048 炭 85 ダイソーの行楽用品売り場に年中置いてあります。
材質は圧縮木材繊維(パラフィンワックス含有)です。



8片2枚入りです。記載では10分燃えます。
重さは1枚93gの2枚で約180gです。



1枚の大きさは12,5cm x 9.5cm x 1.2cmです。




ファイヤースターターその1で着火にワセリンは面倒と書きましたが、結局これが一番楽だと今更解りました。
ティッシュを頑張って燃やしていたのが馬鹿みたいです。
只のコットではご覧のように30秒持たずに燃え尽きます。麻紐をほぐした物はもっと短時間です。
ワセリンとコットンの着火性はダントツです。

しかし2015年の今ではミリブロニュースでも取り上げられた、燃えるパラコードと言われる「550 FireCord」が
あるので携帯用の着火剤はこちらをお奨めします。
http://news.militaryblog.jp/e540568.html




過去の100円ショップ着火剤テストはこちら
エスビット
エスビット3
エスビット4
  

Posted by luzllevada at 00:04Comments(2)装備火器

2015年03月02日

缶ケース




100円ショップで高さの低い缶ケースを探していましたが、やっと見つかりました。
プラケースと違いブリキ缶は薄型です。



アルトイズ缶が手に入らないので代用品にしました。



ダイソー デザイン ダブルクリップ 缶ケース付 クリップ453
文房具売り場にありました。花柄のダブルクリップは可愛く和みます。



単4電池が縦に1本、単3電池が横に3本入ります。



横74mm



縦46mm



厚み18mm



BICミニライターと、ファイヤースターターと、鉛筆削りが入ります。





こちらもダイソーの、スライド式の缶ケースです。
フリスクなどのミント缶と同じ物だと思います。



缶入りヘアピン スモールピン25本入り ヘア-小物-ピン No,38
缶入りヘアピン ピンカールピン 20本入り ヘア-小物-ピン No,41
大きさが微妙に違うように感じたので両方買いましたが製造誤差でした。
美容用品売り場に置いてあります。


クリックで拡大 1500x1042




単4電池は3本入りません。



横56mm



縦30mm



厚み13mm


ダイソー 缶ケース

マッチ棒が丁度入ります。

どの缶も防水性は皆無です。
  

Posted by luzllevada at 00:01Comments(0)装備その他