スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年11月14日

ファイヤースターターまとめ


11月も半ばで焚き火の季節になってきました。
焚き火といえばファイヤースターター(ファイヤースチール)です。
今までに買ったファイヤースターターの中でどれが一番良いのか?比較してみました。



左から高さの低い順に並べました。右のタバコの箱は丁度9cmです。



(1)ファイヤースターター7
ライトマイファイヤー ファイヤースチール2.0 スカウト
細いので使い込むと折れそうになります。これは使い方が悪いだけで先端1cmのみ削るように心掛ければ中央が磨耗せずに長持ちします。



(2)ファイヤースターター2
銀色のマグネシウムを削り側面の鉛筆の芯のようなフリントをストライカーで打ち火花を飛ばしま点火します。
このフリントが細く火花の飛びも弱く使い込むと摩滅してしまうので常用には不向きです。



(3)ファイヤースターター5
USTスパークフォース
フリントにマグネシウムが含まれているので軟らかくあまり火花が出ずに削り粉ばかりできます。
溜まった削り粉に火花が移ると大きく燃えるので粉を集める工夫が要ります。



(4)ファイヤースターター9
ライトマイファイヤー(LIGHT MY FIRE) ファイヤースチール 2.0 アーミー
定番だけあって常用するなら文句なしにこれです。迷ったら他の変な物を無駄に買うよりこれを買うべきです。



(5)ファイヤースターター11
EXOTACナノストライカー XL風
ストライカーが小さすぎて話にならず焚き火には向いていません。アルコールストーブや固形燃料専用ならば持っていても損は無いと思います。



(6)ファイヤースターター4
メーカー不明の安物です。ストライカーは(2)の付属品を流用しました。
価格が安いのでファイヤースチールアーミーと同様にイチオシです。欠点はイマイチなストライカーと黒一色で地面に落すと見つけ難いことです。



(7)ファイヤースターター10
ガーバー ベア・グリルス ファイヤースターター
買った当初はイチオシと書きましたがストライカーが鈍ってきたのか火花の飛びが悪くイマイチです。研げば復活するかもしれません。
踏んでも壊れず流石ベアグリルスだと思いました。



(8)ファイヤースターター3
メーカー不明の安物です。
フリントとストライカーの性能は普通ですが長く邪魔なので出番はありません。



(9)ファイヤースターター8
USTストライクフォース風
重く大きく邪魔です。ストライカーも駄目で火花が飛びません。




鉛筆削りで小枝を1摘みほど削りファイヤースターの火花で焚き火を熾せるかテストしました。
(2)以外を使い試してみたところ全て問題なく発火できました。
何れを買っても多少の差はありますが役に立たない物はありません。皆燃えます。



そして安くて一番扱い易く長持ちするものがこれです。
(2)ファイヤースターター2付属ストライカーと、(6)ファイヤースターター4のフリントです。



このストライカーは研いでエッジを効かせるとほぼメンテナンスフリーです。
以前の記事のストライカーで追記しましたが付属品の中ではこれが一番最適です。



フリント本体は幾つか試したところロッドの太さは8mm以上できれば10mmは欲しいと判りました。
細い物を毎週焚き火に使うと磨り減り上の画像のように折れます。
長さは長すぎると携帯の邪魔になりフリントロッドが短いと勢いよく火花が飛ばせなくなります。
柄の部分も含め全長10cm以内がベストです。

amazonで無名メーカー品の購入は必ずフリントロッドの太さと長さを確認するべきです。
商品の画像と違う物が送られてくることは日常茶飯事です。レビューも要チェックです。

定番のライトマイファイヤーのアーミー以外には、
ストライカーに工夫されたサバイバルJPの品が面白いと思います。http://survival.shop-pro.jp/?pid=80591723



動画を紹介します。
boomerang ZEN氏の動画「ファイヤースタータ使用法FIRE SEARTER」
https://www.youtube.com/watch?v=cvc0hFf-J6A
amazonで100円のファイヤースターターにこれほど工夫が凝らされた内容とは脱帽です。目から鱗の数々でした。


追記
一式重量比較

磨耗しているので正確ではありませんが(12) (5) (1)が軽量です。
(3)も鞘入りですが善戦しています。


単体重量比較

フリントのみでもやはり(12) (1)の軽さが目立ちますが、(2)のブロックも大きさの割りには軽めです。


比較動画1

エスビットの粉を使い燃えるまでの風景を撮影しました。
ストライカーを打つ回数を数えると6回から150回以上までと幅はありましたが何とか燃えました。

LIGHT MY FIRE FireSteel 2.0 scout 26回
magnesiumブロック 49回
長いタイプ 26回
UST SparkForce 10回
EXOTAC nanoSTRIKER XLタイプ 155回で断念 ストライカー交換後 5回
太いタイプ 7回

GERBER Bear Grylls Fire Starter 12回
UST StrikeForceタイプ 29回
LIGHT MY FIRE FireSteel 2.0 army 6回
LIGHT MY FIRE FireSteel army old 55回
サバイバルJPオリジナル 104回
amazon100円 169回で断念 ストライカー交換後 32回


ファイヤースターターの用途には大きく分け非常用と常用があります。
非常用の中でもアルコール系燃料やガスストーブの点火装置のバックアップに使用するならば何でもいいです。
簡単に燃えるのでamazonで100円の物をお奨めします。
短期間のサバイバル用ならばマグネシウムをたっぷりと削り燃焼促進できる昔からあるブロックタイプが向いていると思います。
常用は毎週末に焚き火に使うといった場合ですが太いフリントと適当なストライカーが必要です。
上の動画でも確認できますがストライカーが使えない物はフェザースティックの点火にも苦労します。


比較動画2

有名メーカー品のみで再度比較。屋内で6製品をエスビットで2巡テストしました。

ストライカーを打つ回数
動画1動画2の前半動画2の後半
LIGHT MY FIRE FireSteel 2.0 scout264014
LIGHT MY FIRE FireSteel 2.0 army6114
LIGHT MY FIRE FireSteel army old5579
サバイバルJP1041944
GERBER Bear Grylls Fire Starter12811
UST SparkForce1078


エスビットに火を点ける実験をしましたが実際の現場では風で粉が飛ばされるので現実的ではありません。
より良い火口のウェットファイヤーティンダーに火が点けば実戦では十分です。



フリントロッドの違い。
フリントは大きく分け3つに分類されます。
只のフェロセリウムの1、マグネシウムが多量に含まれた2、LIGHT MY FIREの3です。



これらは一般的なファイヤースターターです。
フェロセリウム(Ferrocerium)という合金で鉄とセリウムと他少量のマグネシウムも含まれているそうです。



USTのスパークフォースとGERBERのベアグリルスモデルです。
マグネシウムが多量に含まれているのか非常によく燃えます。
根元から先端まで勢いよくストライカーを打たなければ火花が飛ばずコツが少々要ります。
ストライカーとフリントの両方の性能が安定してるので安心して使えます。



ライトマイファイヤーはフリントが硬いのでストライカーを勢いよく打つ必要はありません。
押し付けるように圧力を掛けながらストライカーを動かすとゴリゴリとした感触で火花が飛びます。
ストライカーをゆっくり動かせるので火口やアルコールストーブを吹き飛ばす失敗が起こりません。
楽です。


動画1:30からライトマイファイヤーのアーミーとストライカーは万能刃研ぎで火花を飛ばします。
ゆっくりとした短いストロークで簡単に燃えるので快適です。
今現在はこれらを使用していますが最良の組み合わせだと思います。
  

Posted by luzllevada at 00:05Comments(5)装備火器