スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年02月27日

スライドガストーチ

記事75件目です。


新富士バーナーのスライドガストーチ RZ-520BKです。
http://www.shinfuji.co.jp/sfb/products/rz-520bkyl/
ホームセンターで税込み2019円でした。amazonでは1700円です。http://www.amazon.co.jp/dp/B00DRB466I
SOTOのスライドガストーチ ST-480とは色が違うだけで同じ物です。

有名な製品で以前から気になっていましたが店頭で見かけたので衝動買いしました。
1月の寒波で給湯器の銅パイプが破裂したのでハンダ付け用に購入しましたが、力不足で全然役に立ちませんでした。
水道管の修繕には向いていません。

似た製品に同社の安価な「スライドガスマッチ」が存在しますがそれは別物です。
購入時に要確認です。



大きさは100円ライターを一回り大きくした感じです。
保証書には2年間の無料修理と明記されています。



ガス残量は横の窓から確認できます。注入式でカセットボンベやライターガスが充填可能です。



点火ボタンはセーフティロックスイッチになっており運搬時はロックできるので安心です。
使用時はボタンを引っ張り出すだけで解除できます。
無駄に硬いチャイルドレジスタンスを採用したライターと違い操作も軽快です。



火口は伸縮します。これがこの製品の最大のメリットです。
エスビットにライターで火を点けようと親指をヤケドしたり、手袋の指先を焦がしたりしてきましたがこれで解決です。
チャッカマンではここまでコンパクトにはなりません。



重量50g。



スパークプラグ状の点火装置ですがここが汚れると点火に影響が出るようです。
軟らかい歯ブラシで清掃すると復活するかもしれません。

このガストーチは高所での使用には向いていないかもしれません。
説明書にも「気圧の低い高地では着火しない場合があります。」と書いてあります。




せっかくなので革ケースを作ります。
材料はダイソーのレザー風キーケース No24。材質はポリウレタンです。



ごく普通のキーケースです。



金具はエンドカッターで毟り取ります。
置いている店は多くありませんがエンドカッターはダイソーで売っています。



余分な生地をカッターナイフで切断し瞬間接着剤で張り合わせ完成です。
バーナー部やボタンをカバーするので安全装置を掛け忘れても安全に収納できます。
中央は色違いのキーケース、左は同じダイソーの200円商品のコインケースを加工したものです。




似た仕組みの商品がダイソーにもあります。
伸縮着火ライター C029 No,167



スライドガストーチと同じ位の大きさです。



どちらもガス調整は最大の状態です。
使い比べると熱量が全く違います。低温時の安定性や耐風性も大きく異なります。
ダイソーの方は屋外使用には適していません。



ネジ2本を外すだけで簡単に分解できます。
ドライバーの先端で指し示したトリガーのスプリングを取り除くとCRをキャンセルできますが、あまり軽くはなりません。



タンクの底部にバルブは無くガスの再充填は無理な構造です。
  

Posted by luzllevada at 00:03Comments(0)装備火器