2014年05月04日

エスビット3



100円ショップの固形燃料再テストです。
セリアの5個入り100円が手に入ったので合せて試します。
バーベキュー用固形着火剤。



コッヘルに400mlの水を入れレンジガードで周囲を囲う条件は以前と同じです。
商品名は着火剤ですが、旅館の夕食の一人用鍋の青い固形燃料そのものです。
重さは20g前後でした。1個を使用します。



7分で70度に到達しましたが、これ以上温度は上がりませんでした。



12分で燃焼終了しました。
ここまでは以前と同じ結果です。




前回フルオープンでは非効率と書いたとおり、アルミ箔で蓋をしました。



すると6分で90度を超えました。グツグツと沸騰する音が聞こえます。



6分過ぎには完全に沸騰しました。



沸騰したまま11分過ぎに燃焼終了です。


赤 蓋あり。青 蓋なし。

燃料と水量が同じでも、蓋で覆うと効率が全く違います。




以前使ったダイソーのジェル状のパック燃料ではどうでしょうか。1個使用します。
余所のblogを見ていて気がつきましたがこれはニチネン製です。




同じ様に6分で90度を超えました



沸騰したまま13分で燃焼終了です。





前回の缶コーヒー用グリル加工の仕上がりを見ます。
燃料はエスビット純正4gを1個投入し、約200mlを暖めます。



5分で50度近くまで上がりました。



約6分で燃焼終了し54度になりました。もう少し暖めたいので更に4gをもうひとつ追加します。



約12分で燃え尽きました。温度は80度になりました。
缶が熱過ぎて素手では持てません。やりすぎたようです。




そこで風防を強化し、アルミ箔で缶の底全体を覆うように広げてみました。
4gを1個投入します。



5分で60度まで上がりました。



6分で64度になり燃焼終了です。
手でなんとか持てる熱さで、舌もヤケドしない丁度良い温度に温まりました。



まとめ。
熱を逃がさない。結論はこれだけです。
熱効率の良いジェットボイルが人気ある理由が解った気がします。
100均燃料1個でもお湯は沸かせます。

セリアの5個入りは12分前後、ダイソーの4個パックも12分前後、エスビットスタンダード4gは6分の燃焼時間でした。
100円ショップの固形燃料は約20分燃えるとネットに書かれていますが、短い結果になりました。
仕様が変わったのか、それともハズレを引いたのか、その両方なのかは解りません。


華氏への変換は下記のサイトを使用しました。
http://homepage1.nifty.com/t-morimori/cal/etc1.htm?inp=20

棒状温度計100度15cmはシンワ製で、ホームセンターで税込み300円でした。
100円ショップに沸点が測れる温度計はないのかと探しいたところフレッツにありました。
http://www.ontsu.co.jp/f_jigyo.html
200度まで計れ、天ぷらの温度計測用だそうです。
皮剥き器や大根下ろしと一緒に並んでました。




左から26g 21g 28g

「古いエスビット(Esbit)の有効利用」
http://blogs.yahoo.co.jp/kaisany/25744466.html
こちらのブログによると、ダイソー固形燃料はパッケージから出すと数ヶ月ほどでアルコールが揮発し萎縮するそうです。
裸そのままと比較にジップロックに入れ密封して、固形燃料の保存テストをします。
1週間ごとに経過を追記で報告したいと思います。


2015/05/03 追記
開封から1年経ちました。




ジップロックに入れ比較しましたが有意な差はみられませんでした。
真空パックにし何度も取り出さない限りは効果は薄いと思います。

エスビット4へ続きます。

2014/05/11 追記
2014/05/18 追記
2014/06/01 追記
2014/08/02 追記
2014/11/03 追記
2015/05/03 追記


2014/05/11 追記
開封から1週間経ちました。



ダイソーのカップ入りはそのまま放置した物と密封した物も、重量に変わりはありませんでした。



セリアの燃料はどちらもフィルムでシュリンクラップされていますが、そのままの方は21gから17g
密封した方も21gから19gに減りました。
1週間でこれほど変化するとは意外でした。



パック燃料も重量変わらずです。



2014/05/18 追記
開封から2週間経ちました。


カップ入りは2週間でも変化無しです。



1週間前の17gから14g
ジップロック入りは19gから18gへ。



わずかに変化有りです。



2014/06/01 追記
開封からから4週間経ちました。



ダイソーのカップ入りに重さの変化はありませんが、揮発したアルコールのせいか記入した文字が薄くなっています。



セリアはかなり抜けてます。
2週間前の14gから6g
ジップロック入りは18gから14g


前回と数字が逆になっていますが、多分計測誤差でしょう。



2014/08/02 追記
開封からから3ヶ月経ちました。




カップ入りは両方共に1g減りました。



セリアはもう原形をとどめていません。元は21gありました。



パック入りは長期保存できるのかと思いましたが、少しですが抜けています。


中間まとめ
フィルムに包まれた物は抜けやすいようです。
その他も多かれ少なかれ中身は減るようです。
次回は、blogが続けば6ヵ月後と1年後の状態を確認したいと思います。



2014/11/03 追記
開封から6ヶ月経ちました。



カップ入りは両方共に3ヶ月前から1g減りました。



セリアは3ヶ月前から変化無しです。



どちらも6ヶ月で3gの減量です。



2015/05/03 追記
開封から1年経ちました。

1年間blogを続けられ結果を出せてよかったです。



カップ入りは両方共に6ヶ月前から1g減りました。



セリアは両方共に6ヶ月前から1g減りました。



何故かジップロックに入れていた方だけ1g減っています。








同じカテゴリー(装備)の記事画像
ドイツ連邦軍飯盒
Lixada焚き火台
キャンティーンカップ
携帯マット
スライドガストーチ
キャンドルランタン
同じカテゴリー(装備)の記事
 ドイツ連邦軍飯盒 (2016-11-10 00:02)
 Lixada焚き火台 (2016-09-25 00:05)
 キャンティーンカップ (2016-04-19 00:03)
 携帯マット (2016-03-27 00:28)
 スライドガストーチ (2016-02-27 00:03)
 キャンドルランタン (2016-01-14 00:02)
この記事へのコメント
エスビット ミリタリーを防災用にそこそこ保存しています。
ジェルなら数年は大丈夫そうですねー
Posted by 参考になりました at 2016年12月15日 14:06
参考になりました様、コメントありがとうございます。
エスビット固形燃料は長期保存でも劣化せず安定しているので長期備蓄向きですね。
100均の固形燃料も密封されたパッケージを破かなければそこそこ持つと思われます。
Posted by luzllevadaluzllevada at 2016年12月19日 00:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。