2014年05月20日

ナルゲンボトル

記事30件目です。




左のピンクはダイソー商品0.5L
中央はナルゲン0.5L
右はシルクの350ml

ミリフォトでよく見かけるこの青いボトルは、nalgene社http://nalgene.com/の広口ボトル0.5L
http://store.nalgene.com/Nalgene-16-ounce-Wide-Mouth-Water-Bottle-p/16 ounce wide mouth.htm

好日山荘で1300円+税でした。
amazonでも売っています。http://www.amazon.co.jp/dp/B001OPD7NW/


飲み口が広いので、洗いやすくメンテが楽です。
流量制限する中蓋は別売りです。
http://highmount.jp/main/product/tip-tap/
この中蓋が無いと中身がドバっと出て鼻に入ります。




0.5Lの製品ですが容量目盛は400mlまでです。




同じ形の物がダイソーでも売ってます。もちろん100円です。
紙コップやバーベキュー用の炭などの行楽用品売り場に置いてあります。
こちらは最初から中蓋が標準装備です。
容量は500mlですが高さがあります。
ナルゲンそっくりですが、これに目盛と蓋に滑り止めの溝があれば完璧だと思います。


ダイソー ドリンクボトル 500ml 水筒E98 No,18


材質表示には耐熱温度50℃と書いてあり、熱湯は不可です。




シルクに有った350mlのボトルです。同じく100円です。
これも中蓋付きです。
蓋にある白い平パッキンは簡単に取れるので、うっかりすると紛失します。




容量を比較してみました。
計量器が無かったので、代わりに500mlのペットボトルに首まで水を入れ、移し変えます。


ナルゲンは口ぎりぎりの表面張力一杯まで使ってやっと全部入りました。
コイン1枚の余裕すらなく、450ml程度が実用だと思います。



ダイソーボトルには余裕で入りました。
600mlはいけそうです。





気になる直径ですが、どれもほぼ同じ太さでした。
本体直径は70mmです。



口径やネジピッチも大体同じです。
互換性があったりなかったりします。
中蓋は残念ながら流用できませんでした。どちらも蓋が閉まりません。


ナルゲンは1Lモデルがあるので、そちらをお奨めします。
暑い季節は500mlでは全然足りません。
0.5Lは、スプラッシュガードも付いているので100均で十分だと感じました。





同じカテゴリー(装備)の記事画像
ドイツ連邦軍飯盒
Lixada焚き火台
キャンティーンカップ
携帯マット
スライドガストーチ
キャンドルランタン
同じカテゴリー(装備)の記事
 ドイツ連邦軍飯盒 (2016-11-10 00:02)
 Lixada焚き火台 (2016-09-25 00:05)
 キャンティーンカップ (2016-04-19 00:03)
 携帯マット (2016-03-27 00:28)
 スライドガストーチ (2016-02-27 00:03)
 キャンドルランタン (2016-01-14 00:02)
この記事へのコメント
2014年05月20日 ナルゲンボトル 記事30件目です。

の記事について

参考になりました。 良い記事をありがとうございます。

特に100均のボトルの素材の写真がよかったです。
Posted by 通りすがり at 2015年08月18日 16:33
通りすがり様初めまして。コメントありがとうございます。
夏は水分補給が大事なので100均のドリンクボトルが活躍・・・しません。最近は普通のペットボトルをそのまま凍らせてます。
Posted by luzllevadaluzllevada at 2015年08月22日 02:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。