2014年07月12日

ファイヤースターターその1

メタルマッチやファイヤースチールとも言います。
火打石です。

電子着火ライターでは標高が上がると火花が弱くなり火がつかなくなり、
フリント式ライターでは濡れてしまうと乾くまで着火しなくなります。
前者は標高1000m程度で体験できました。本当に着きません。
後者はコップの水にライターのヘッドを軽く浸けるだけで実験できます。フリントから火花が全く飛ばなくなります。
ファイヤースターターなら問題なく点火できます。



以上は建前で、100円ライター2個分の金額でベア・グリルスごっこが出来るなら面白いと思い、
amazonで送料込み200円でお釣りがくる、このファイヤースターターを買ってみました。

http://www.amazon.co.jp/dp/B005JPVO7E/
2014年7月11日現在では165円が最安値です。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00AV3UF42/
こちらは2014年10月13日現在では110円です。50円台の時もあります。




左から単三電池 BICスリムライター ストライカーと火打ち棒
ストライカーは赤く塗装された只の鉄片です。

使い方はamazonのレビュー1番上にある動画が分かり易いです。
左利きの人は右手でストライカーを持って下さい。これも含め安物は全て右利き用に加工されています。

濡れても一発着火とありますが、ストライカーと火打ち棒の両方を水で濡らすと完全に不能でした。
ライターと違い水気が拭き取りやすい程度、だと思います。安物は駄目ですね。

ガス切れも無く安価なので、お守り代わりにライターと一緒に持って行っています。




コットン球はティッシュや紙と違い着火が早く良く燃えます。
綿100%です。ダイソー 衛生No,137 なぜかピンセット付き。



コットン球とワセリンを使った着火剤があります。下記参考サイト
http://kokofukuhana.naturum.ne.jp/e1772264.html 「ワセリンボール」
http://blogs.yahoo.co.jp/dfm92431/64082175.html 「コットン球とワセリンで作る自作着火剤」


自作するのも容器に入れて携行するのも面倒だと思っていたところ、医療用アルコール綿を流用されている方を知りました。
「医療用アルコール綿を着火材として考えてみる」
http://liberalart20.blog.fc2.com/blog-date-201110.html
早速試してみると、ファイヤースターターでも楽に着火します。
火花を飛ばせば一発で燃えるのでこれは楽しいです。





ダイソーのアルコール消毒綿。衛生No,220。酒精綿や Alcohol Swabとも表記します。
衛生用品売り場で包帯の横に置いてありました。14包入り。

100包入りの業務用は268円 (税込)です。
http://lohaco.jp/product/1215063/





財布に入る大きさです。




綿は4cm角です。




ワセリンボールより携帯が楽で保管しても揮発せず、消毒やウエットティッシュ代わりに使えるので用途も広いと思います。
なかなか点かないファイヤースターターを何度もゴリゴリ削るより、これでスマートに燃やす方が格好良いです。
ライターで火を点ける方がずっとスマートですが。



追記
折れました。

折れたファイヤースターター



元の直径4mmから2mmに減肉したところでポキリです。



フリント棒の長さ40mm



フリント棒の元の直径は4mmでした。



NEXT - Fire Starter2へ続く

参考サイト
http://kokofukuhana.naturum.ne.jp/ 「3時のオヤツとゆるゆるソトアソビのススメ」
http://blogs.yahoo.co.jp/dfm92431/ 「播磨の山々」
http://liberalart20.blog.fc2.com/ 「YU-KI.@LIBERAL_ART'S」

非常に参考になり助かりました。感謝します。





同じカテゴリー(装備)の記事画像
ドイツ連邦軍飯盒
Lixada焚き火台
キャンティーンカップ
携帯マット
スライドガストーチ
キャンドルランタン
同じカテゴリー(装備)の記事
 ドイツ連邦軍飯盒 (2016-11-10 00:02)
 Lixada焚き火台 (2016-09-25 00:05)
 キャンティーンカップ (2016-04-19 00:03)
 携帯マット (2016-03-27 00:28)
 スライドガストーチ (2016-02-27 00:03)
 キャンドルランタン (2016-01-14 00:02)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。