2014年10月11日

ネイチャーストーブ自作



記事にするかどうか迷いましたが、ミリブロでストーブの自作品を既に公開されている方を多数拝見したので記事化しました。
ウッドストーブともいいます。今回作った物は只の焚き火をする容器です。



http://www.fireboxstove.com/5-inch-folding-firebox
これを真似して作ってみました。


Folding Firebox 5" Campfire Wood/Multifuel Stove Introduction




材料は古いPanasonic製ビデオデッキの天板です。
鉄板の厚みは約0.7mmです。



鉄板を切り出す寸法は携帯するポーチの大きさから決めました。型紙を準備します。
100円均一のフレッツで買った、右の黒いマルチホルダー(クッションケース)の縦サイズから17cmに設定しました。
横幅は上にヤカンを乗せても落ちない大きさの12cmです。



鉄板の連結は蝶番を使います。
ダイソーで3個100円を2セット用意しました。工具売り場にありました。
蝶番の穴径は3.4mmです。



蝶番の固定方法ははリベットを選びました。
リベットの直径は3.2mm(1/8inch)で穴に丁度入る大きさです。
リベッターは工具専門店のアストロで一番安いものを購入です。
3.2のリベットは20本付属します。
https://shop.astro-p.co.jp/products/detail.php?product_id=1629



形になりました。
グラインダーに切断砥石で切り出しました。
切断砥石は意外と安くホームセンターで120円でした。



まだ確認していませんがアルミのリベットは熱で溶けるそうです。



ポーチに入れていると煤汚れを気にせず持ち運べるので携帯に便利です。


ネイチャーストーブ 自作


以前はカマドを組んで焚き火をしていましたが、
ヤカンを火の上に乗せる吊るすなどの設置する手間が省け、多少は楽になりました。
火を遠ざけると10分以内に冷め素手で扱えます。

しかし重量が1kg近くあり重いので最初からステンレスの薄板で作るべきでした。
リベットも締付けが甘くガタつきます。これはワッシャーを挟んでリベットを固定するとなんとかなりそうです。
底板は丁度良い穴の開いた板が見つかり次第追加する予定です。



http://www.amazon.co.jp/dp/B00T60ZG9K
amazonで1310円で小さなウッドストーブが販売されています。
この値段なら最初からこれを買えばよかったです。



http://www.amazon.co.jp/dp/B014W4ZNE2/
こちらは少し大きな2135円。



追記 十字の五徳の高さを変更しました。元の物はありえない作りでした。



ヤカンで塞がれていた上部の抜けがよくなりました。
焚き木も上から楽に入れられます。




同じカテゴリー(装備)の記事画像
ドイツ連邦軍飯盒
Lixada焚き火台
キャンティーンカップ
携帯マット
スライドガストーチ
キャンドルランタン
同じカテゴリー(装備)の記事
 ドイツ連邦軍飯盒 (2016-11-10 00:02)
 Lixada焚き火台 (2016-09-25 00:05)
 キャンティーンカップ (2016-04-19 00:03)
 携帯マット (2016-03-27 00:28)
 スライドガストーチ (2016-02-27 00:03)
 キャンドルランタン (2016-01-14 00:02)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。