2015年02月19日

ファイヤースターター10


ガーバー(GERBER)のベア・グリルス ファイヤースターター(Bear Grylls Fire Starter)です。
http://www.gerbergear.jp/Survival/Gear/Survival-Series-Fire-Starter_31-000699

楽天で送料税込み1756円でした。以前は1200円程度で売られていた記憶があります。
http://item.rakuten.co.jp/armsgear/g0699/
パッケージのプラがバリバリに割れていましたが仕様っぽいです。



Gerber Survival's Bear Grylls Fire Starter
https://www.youtube.com/watch?v=Vl4G5FeBd5k


クリックで拡大 1200x989




全長約120mm。パッキンを除いた直径約23mmの円筒形です。



本体側面に信号がいろいろ書かれています。



フリトン棒長さ40mm



フリント棒直径8mm


ベア・グリルス ファイヤースターター

ストライカー全長9cm。製造番号が刻印してあります。
番号はパッケージの裏にもシールが貼ってあります。



オレンジのパッキンで一応防水されています。



ストライカーはグリップにがっちり食いついています。



鞘の底は蓋になっています。



蓋を引っこ抜くように開けると小さな収納スペースが出てきます。



コットン球がひとつあらかじめ仕込んであります。



パッキンで防水されます。



youtubeか何かでフリント棒の取り外しを見かけたことがあったので、本当に抜けるのか試してみました。
CRC 5-56を根元に浸透します。



布で保護しプライヤーでフリント棒を掴み、グリップを捻りながら引き抜きます。
結構固いです。



出てきたフリント棒は長さ75mmありました。



ぴっちり刺し込んであるだけです。潤滑剤を塗って元通り刺し込みます。
磨耗して短くなれば少しずつ引っ張り出し長く使えます。ただし、40mm以上長くすると鞘の底に当たり閉まらなくなります。


ファイヤースターターは幾つか試してきましたが、これが一番良いです。
形状が違うだけでこれほど操作性が変わるとは意外でした。
火花の飛びも良くストライカーのエッジも良くフリントも長く文句なしです。
唯一の欠点は転がりやすい形でしょうか。

今のところイチオシです。

NEXT - Fire Starter11 へ続く





同じカテゴリー(装備)の記事画像
ドイツ連邦軍飯盒
Lixada焚き火台
キャンティーンカップ
携帯マット
スライドガストーチ
キャンドルランタン
同じカテゴリー(装備)の記事
 ドイツ連邦軍飯盒 (2016-11-10 00:02)
 Lixada焚き火台 (2016-09-25 00:05)
 キャンティーンカップ (2016-04-19 00:03)
 携帯マット (2016-03-27 00:28)
 スライドガストーチ (2016-02-27 00:03)
 キャンドルランタン (2016-01-14 00:02)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。